1. TOP
  2. よもやま話
  3. 笑ってはいけません!!【世界の飲食ロボット】その実態と凄技とは!

笑ってはいけません!!【世界の飲食ロボット】その実態と凄技とは!

 2016/03/07 よもやま話 この記事は約 3 分で読めます。 100 Views
00002486

internetcom_20140605_009_0

 

 

 

 

 

 

最近、デジタルよりアナログ人間の方が素敵なのでは?と少し思うようになってきたアナログ経営者の穴ログ太郎です。

 

今日は、世界の飲食店用ロボットをご紹介したいと思います。

ロボット分野では何といっても【JAPAN】が最先端です。

(詳しい事は、わかりませんが、、たぶんそうでしょう・・・)

 

仮に、そうでなくても出発は誰もが認める【アストロボーイ】鉄腕アトムでしょう!

 

現代音楽の出発が 【ずーとるび】【ビートルズ】のようにです!!

 

===================

まずは、世界に誇る日本の食!寿司のロボットです。

寿司職人のように寿司を握るロボットではなく、寿司飯の型を作るロボットです。

このロボットの進化と発展のおかげて、回転寿司やスーパーの寿司が大盛況になりました。

だって職人がいらなくて、バイトとパートで寿司が作れちゃうようになった訳ですから、街の寿司屋が無くなる訳です。

 

この業界の先駆者であり世界に輸出している、影の世界の寿司ブームの火付け役→鈴茂機工

 

============================

お次は、中国を代表する刀削麺(とうさくめん)を作るロボット!

 

何年か前に近くのイオンモールに入っているテナントの中華飯店で、ガラス越しにこの刀削麺を作るパフォーマンスが人気でお客さんが「お〜〜すげ〜〜」と言っていた頃が懐かしい。(今その場所は、リンガーハットになっていますが^^;)

それにしても、なぜウルトラマン似なのか??

ロボットといえば「日本」という潜在意識か?(^^)

 

=============================

最後に、イタリア代表!!

イタリアといえばピッツァ

 

 

 

これらを見る限り、まだまだアナログ職人技には及びませんね^^

人工知能搭載となると話は別ですが・・・

 

 

つづく。。。

 

番外編:日本の真面目な企業の真面目なロボットです。

テーマソングもきっと真面目だと思います(笑)。

製作している世界進出もしている産業用ロボットの企業HP

 

 



 

 

 

はじめまして!

アナログ飲食店経営者の

穴ログ太郎と申しますm(__)m

【自己紹介】

22歳の春、一念発起して夢を抱き単身渡米。
しかしありがちな、、生活に追われてのライスワークに明け暮れる日々。

何しに来たんだろう!?、、、と、2度目の一念発起でライスワークを辞め、なんちゃってホームレスをしながら創作活動に没頭。

紆余曲折があり、全米8カ所の某百貨店、バーニー○NewyorkのTableware契約クリエイターとなる。
(新宿、横浜のバー○ーズNewyorkにも逆輸入販売)

その後、また紆余曲折があり現在の飲食店経営者となる。

しかし、飲食店を取り巻く環境が激変しすぎてこのままではヤバイ!!
とネットに活路を見いだした次第です。

【近況:ブログ開始時はネットからの収入はゼロでしたが開始5ケ月後には月10万円を突破しました】

このブログは、アナログ経営者がネットを使っていかにデジタル経営者に
なっていくか?(なれるのか?)の実録備忘録です。

さぁ、ネットで稼ぎましょう^^!

\ SNSでシェアしよう! /

アナログ経営者の悪あがきの注目記事を受け取ろう

00002486

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アナログ経営者の悪あがきの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【映画:信長協奏曲】で泣いた。歴代の戦国武将も経営者なのである。

  • 【私が海外生活で学んだ事 ※Part1】それは実に単純な事でした!

  • 【カジノが日本に?】負けない方法があった!!【答えは数学だった】

  • 海外に行くオジサン&オバサン必見!!これ知らないと鼻血ブーよん!

  • 【古参のMacユーザー限定】パワーPC時代はまさに人生の縮図(笑)