1. TOP
  2. 店舗経営
  3. 【労基署】労働条件等の調査で呼び出された時【対処法】

【労基署】労働条件等の調査で呼び出された時【対処法】

 2018/03/05 店舗経営 この記事は約 8 分で読めます。 242 Views
download

突然、労働基準監督署から封書が届きました。

開封すると「労働条件等の調査の実施について」というA4サイズの通知書がっ!

従業員がチクった?

サービス残業?労働時間?パワハラ?

いや、でも3年前までは超絶ブラック企業だったけど、最近はかなり改善したはず!

飲食業ですもの、そりゃたまにサービス残業もあったかもしれません。

いや、ありましたね。きっと。。

そんなモヤモヤした日から実際の労基署の調査の日までの様子の健忘録です。参考になれば・・・

 
 

従業員のチクリなのか?抜き打ち調査なのか?

tugeguchi

 
 

労働基準監督署の調査!

 
 

ホワイト企業ならば何て事無いと思うのですが、昔はブラック企業で今やっとグレー企業になったばかりなのでドキドキなのです。

そもそも企業などと名乗るのもおこがましい訳であります。

なぜなら、総勢11名の会社なのであります。

内、2名は役員扱い、フルタイム調理師は2名、あとは全部バイト&パートな訳です。

こんな零細飲食法人にも抜き打ち調査なんてあるのだろうか?

やはり、従業員のチクリなのでは無いか?などと想いを馳せるのでした。

でも法律違反はしてないと思うのになぁ・・・

(確かに3年前までは、ブラック企業のさらに上いくの漆黒企業でしたが・・^^;)

四の五の考えても始まらないと思い、知り合い経由で紹介してもらった労務士先生に相談する事にしました。

 
 

私:「チクリでしょうか?」

先生:「チクリならすぐ臨検されますよ。」

私:「臨検とは?」

先生:「アポ無しで直接来て、給与台帳を見せてくれとか、雇用契約書を出してくれとか、調査に入る事です。」

   「労働基準監督官は、警察と一緒で捜査権が与えられてます。」

私:「・・・」

  「今回臨検では無いという事は、チクリでは無いという事ですね?」

先生:「たぶん抜き打ち調査だと考えられますが、労働者の匿名の相談があったりして該当会社の可能性候補として目を付けられたという可能性もあります。」

私:「・・・」

先生:「別に怖がる必要は無いですよ。法律違反があれば是正すれば良いだけです。」

   「時期的に、年度末までに労基署も成果実績を上げなくてはいけない時期ですしね。良くある事です^^。」

私:「良くある事って言ったって、何もこんな零細会社を呼び出さなくてもねー ^^; 」

 
 
 

労働条件等の調査に必要なもの

後遺障害被害者請求必要書類

 
 

最初に封書で「労働条件等の調査の実施について」という最寄りの労働基準監督署長より呼び出し通知書が来ます。

 

そこに記載されている「当日ご持参いただくもの」には、

1、本状

  「労働条件等の調査の実施について」という郵送された書類

2、同封の労働条件自主点検票(必要事項を記入)

  同じく郵送された書類で、1週間の労働時間、年間休日など穴埋め方式の書類

3、来所される方の印鑑

  認印でOK

4、労働者名簿

  基本、労働者の住所、氏名、職種、入社日、退社日が記載させたもの。

  (厳密には、他の項目も必要らしいですが最低上記でOK)

  書式は特にないので、自分で表を作っても良いですし、本人の履歴書に「職種」「入社日」「退社日」を記入するだけでも良いようです。

5、労働条件通知書

  当店は雇用契約書にしています。

  フルタイムは「雇用契約書」パートアルバイトは「雇用契約書 期間雇用」で良いです。

  書類はインターネットでダンロードできます。

6、賃金台帳

7、出勤簿、タイムカード等労働時間が確認できる書類

8、就業規則

  労働者(役員を除く)10名未満の会社は就業規則の提出義務が発生しないので調査には持って行きません。

9、時間外労働、休日労働に関する協定書

  俗に言う、「36協定」というやつです。

  当店はこの協定書がなかったので、今回作成する事にしました。

  これは、週43時間以上労働させる場合がある場合は必ず必要な物らしいです。

  この協定書が無く残業させている場合は法律違反になるそうです。

  ※飲食店は1週間の法定労働時間は44時間になります。

10、変形労働時間を採用している場合、その関係書類

  労働時間を週単位ではなく、月単位、年単位で行う為の変形労働制の書類

・・・・さて、みなさんの会社はすべて揃いますか?

1、2、3は除外するとして、

当社は3年前なら、6と7だけでした!危ない危ない(汗)

 
 
 

労務士先生と打ち合わせ&費用

mitsumori4

 
 

労基署からの呼び出し通知が来てから調査日まで約3週間でした。

ラッキーな事にこの猶予期間で労務士先生に相談することが出来ました。

事前に資料をFAXで送り、労務士先生の事務所で面談を1時間位しました。

調査日に一緒に労基署に同行してもらう事にもなりました。

 

営業トークかもしれませんが、労務士同行だと少しは労基署も心象が良くなるとの事でした。

 

勿論、同行費用は別途請求されるのですが^^;

 

私の思い込みかもしれませんが、飲食人はお役所が苦手だと思うのです。

特に労働基準監督署なんて!

労務士先生の費用は、

総額54000円(税込)でした。

高いか?安いか?妥当か?

正直、わかりません。

(安くはないですが・・・)

が、依頼して良かったと思っています。

 
 

労働基準監督署の内部の様子

pixta_6561320_M

 
 

呼び出し時間15分前、労務士先生と労基署玄関前で待ち合わせ。

これといった打ち合わせも無しに資料を確認されスタスタと労基署窓口へ。

長椅子に座り担当監督官が来るのを待っている間に様子を眺める。

 

印象は、「フツーの役所」である。

 

市役所の窓口のような、各ブースごとに敷居られている相談窓口が3つほどある。

2つはすでに埋まっている、自分たちは3つ目のところか?と思っていると、

いかにも労働者らしい人が書類を片手にそのブースへ案内された。

労務士先生に聞くと、ここは労働者の相談窓口との事。

最近はいつ来てもこの相談窓口が埋まっているらしい。

 

つまり「密告」チクリである。

 

この相談を元に、監督官が臨検に入るという事だ。

退職した後の相談がほとんどらしいが、在職中に給与明細を片手に相談にくるケースもあるそうだ。

しばらくすると、別室に案内された。

 
 

調査開始

img2_2

 
 

担当労働基準監督官は、一見強面のおじさんだったのでかなりビビった。

が、話し出すと笑顔が可愛い優しい口調の方であった。

最初の強面の印象は、監督官としては威厳がありイメージ効果は抜群である。

提出書類をそれぞれ確認される。

いろいろ質問されそれに答える。

途中途中で労務士先生のフォローも入る。

思っていたよりも、淡々と進行する。

このまま終わるのか?と思ったが、終盤になり「これとこれは是正の必要がありますね」となった。

詳しい法律的な事はわからないので労務士先生に聞いてもらい、是正の内容・再度の必要書類提出をお願いする事になった。

調査の所要時間は1時間かからない位でした。

労務士先生曰く、「御社は短い方ですよ。」と言っていました。

 
 

ブラック企業の経営者様へ

パチプロ ブラック企業

 
 

もし今現在ブラック企業から抜け出せていない会社は少しづつでも改善を考えた方が良いかもしれません。

当社も3年前までは、超絶ブラック企業でした。もしその状態で調査が来きたら・・・。想像するだけで恐ろしいです。

ましてや、従業員のチクリがあったならば、未払い残業代は途方もない金額になっていたでしょう。何せ2年間さかのぼって残業代を払わなくてはならないのですから。しかし、そうせざるを得ないのも飲食業の宿命。

でも、その宿命は命取りにもなりかねないのが昨今の世の中です。

いきなり改善は難しいです。

何かを犠牲にしなくては、改善はできません。

売上を犠牲にするのか、自分の時間を犠牲にするのか。

私の場合は、どちらも犠牲にしました。

そして今があります。

ブラック企業が今必要な事!

それは、今いる従業員を大切にしてください。

信頼関係を築くように心がけてください。

【せめて今チクられないように!】

その間に少しづつ改善して行きましょう。

 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

労働基準監督署の突然の呼び出しはビビりますよね?

自分ひとりで対処するのは可能だと思います。

資料を揃えて良いだけですので・・・。

私は労務士先生にお願いしましたが、費用対効果を考えて判断されればと思います。

こちらでお近くの社労士が探せます。

ご参考まで↓

https://www.shakaihokenroumushi.jp/tabid/238/Default.aspx

 
 
 
 
 

はじめまして!

アナログ飲食店経営者の

穴ログ太郎と申しますm(__)m

【自己紹介】

22歳の春、一念発起して夢を抱き単身渡米。
しかしありがちな、、生活に追われてのライスワークに明け暮れる日々。

何しに来たんだろう!?、、、と、2度目の一念発起でライスワークを辞め、なんちゃってホームレスをしながら創作活動に没頭。

紆余曲折があり、全米8カ所の某百貨店、バーニー○NewyorkのTableware契約クリエイターとなる。
(新宿、横浜のバー○ーズNewyorkにも逆輸入販売)

その後、また紆余曲折があり現在の飲食店経営者となる。

しかし、飲食店を取り巻く環境が激変しすぎてこのままではヤバイ!!
とネットに活路を見いだした次第です。

【近況:ブログ開始時はネットからの収入はゼロでしたが開始5ケ月後には月10万円を突破しました】

このブログは、アナログ経営者がネットを使っていかにデジタル経営者に
なっていくか?(なれるのか?)の実録備忘録です。

さぁ、ネットで稼ぎましょう^^!

\ SNSでシェアしよう! /

アナログ経営者の悪あがきの注目記事を受け取ろう

download

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アナログ経営者の悪あがきの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人生が変わる瞬間感じた事ありますか?大切なのはお金?時間?私は、、、

  • ボストン・ダイナミクスは世界を救う^^【でも失業率MAX】

  • 【家庭用急速冷凍】家庭で出来る急速冷凍!!【大公開スペシャル】

  • 【20分で運命が変わるかも?】幸せな人は見ないで下さい!【お願い】

  • 【アナログ経営】【デジタル経営】【ハイパー経営】って何でしょう?

  • 【実はアナログが輝いている】経営に絶対的に必要なもの。それは!?